FIVE
Photos

5枚の写真で語るSPレオ

スタッフが選んだ5枚の写真から、それぞれの想いをインタビューするスタイルを通じて、SPレオを紹介するコンテンツです。

PC用画像
スマホ用画像

3

すべては根性だ。
モノゴトを長く続けるためには、根性があるかどうかで決まる。
Yoshifumi Mastsushima
営業
松島   義文

FIVE
Photos

ライフワークとしてのブラジリアン柔術

ライフワークとしてのブラジリアン柔術

私は元々、格闘技が好きで、この15年くらいブラジリアン柔術の道場に通っています。きっかけは2000年頃の格闘技ブームでした。学生時代に柔道をやっていたこともあり、偶然家の近くに道場があることを知って通い始めるようになりました。

僕は何事でもハマると一つを長く続けるタイプです。子育てで休んでいた期間もありますが、再開してからは5年間稽古に通い続けています。まあ、ライフワークのようなものです。ストレス発散にもなりますし、仕事と切り離した大事な趣味です。15年近くやっていたら、いつの間にか「茶帯」を頂くまでになりました。

道場に行って仲間に会えることも、続ける楽しみのひとつです。他の仲間も、私と同じように一度辞めてもまた復帰して、長く続けている人が多いです。みんな好きだからやっている。

稽古で体をバキバキにしたあとは、午後から家族と過ごす休日はなにものにも代えがたい大切な時間です。

頭と体を動かせるから楽しい

頭と体を動かせるから楽しい

ブラジリアン柔術は、とてもロジカルなスポーツです。絞め技や間接技といった打撃がないのが特徴で、力の弱い人でも大きな相手を倒すことができます。力任せというより、体をどう使うかが大切になってきます。「どんなふうに体を使って、どんなふうに仕掛けていこうか」と頭を使って考えます。

試合などで初対面の相手と闘うとき、瞬時に相手を見極め、どんな技で勝とうか、頭も体もフル回転です。うまくいったときの快感は、仕事でうまくいったときと同じです。毎回違う相手(お客様)と試合(仕事)をすることにワクワクします。

メンタリティの部分もそうだし、考え方の部分でも格闘技から仕事に役立つ部分は多いと思います。

仕事中にスーツに穴を開けたときに気づいたこと

仕事中にスーツに穴を開けたときに
気づいたこと

卒業後、新入社員で入ってから、もう20年が経ちました。自分でもこんなに長く勤めていることに驚いています。

今でこそ社内はラフな服装の人も多いですが、創業当時は全員がスーツでした。もちろん私もスーツで仕事をしていたのですが、あるときにスーツ姿でころんで膝に穴を開けてしまいました。そのとき「会社では服が汚れる作業も多いし、動きやすい服にすればもっと仕事もスムーズにできる!」と考え、今日の服みたいに動きやすい服装に変えました。するとサブリミナルのように、周りのメンバーもじわじわと自由な服装になっていきました。

思い返すと、それが個性を生かす社風にも通じていて、社長も私たちのようなメンバーを尊重し、個人の裁量で仕事をさせて頂けるので、本当にいい会社だと思います。

クリエイティブは根性

クリエイティブは根性

ちょっと古い考え方かもしれないけど、広告とかクリエイティブ系の仕事は、「根性があるかどうか」で決まると思っています。これは、新しいメンバーが入った時にも伝えていることです。デザインと聞くと華やかなイメージがあり、憧れる人は多い仕事かもしれません。でも根性のない人は辞めていきますね。だから、いまうちの会社に残っているメンバーは根性がある人ばかりなのではないでしょうか。

私も新人の時は、苦い思いをした経験がたくさんあります。納期間際なのに、全然出来上がっていないことも過去にはありました。そういう時こそ、落ち着いてどうするか、戦略を練ることが大事です。たくさんの失敗や必死にやった仕事の経験は全て無駄じゃないと思っています。今となっては下の世代に語るネタにもなります。

私は図面やパースを作成するものの、今みたいにパソコンで色をつけたデザインになると勝手が違います。当時はお客さんに納得してもらえる図面を書ければ、よしとする時代でしたので問題なかったのですが、今はもっとクリエイションが実現できることが要求されることから、今後も引き続きデザインができる人材を仲間にしたいと考えています。

辛いことがあってもこの仕事を続けてこれたのは、格闘技を通じて粘り強いメンタリティを養ってきたからかもしれません。気づかないうちに、ブラジリアン柔術は僕の人生を支えている根幹となっています。

モノゴトを長く続けるためには、根性があるかどうかで決まる。
営業
松島   義文
エスピーレオ株式会社
東京都台東区蔵前4-6-8
サニープレイスビル9F
電話でのお問い合わせ
営業時間:AM9:00-PM5:00 (平日)
メールでのお問い合わせ
お問い合わせは3営業日以内にご返答いたします。
Copyright (C) SP-LEO Co., Ltd. All rights reserved.