FIVE
Photos

5枚の写真で語るSPレオ

スタッフが選んだ5枚の写真から、それぞれの想いをインタビューするスタイルを通じて、SPレオを紹介するコンテンツです。

PC用画像
スマホ用画像

2

パーティも仕事も楽しい
お客様に良いものを届けたい
Tomohiro Hoshi
営業
星   知宏

FIVE
Photos

ホームパーティーで「お・も・て・な・し」

ホームパーティーで
「お・も・て・な・し」

私は一人暮らしを機に本を頼りに料理の勉強をはじめ、今ではホームパーティーが休日の楽し みになっています。ゲストに合わせて、おもてなしを考えることが好きなのです。30代のメンバーが多いときには、しっかり食べてもらえるよう、ハンバーガーや揚げ物を作ったりして、喜んでもらえるよう工夫します。

パーティーの準備は、仕事終わりに妻と相談しながら一緒に進めています。二人とも平日は仕事があり、一緒に料理をしたり食事をとったりする時間があまりとれません。パーティーを企画することで、妻と共通の話題で会話をし、お互いのことを理解し、高め合う良いきっかけになっていると思います。

私が担当している仕事は、店頭ディスプレイのディレクションです。ホームパーティーも仕事と同じように張り切って「段取り」をしてしまいます。

「調整」と「段取り」が大切

「調整」と「段取り」が大切

もともと率先して人をまとめる性格ではなくて、「段取り」上手ではありませんでした。この仕事を通じて、よいものづくりには細やかな段取りが欠かせないということを知りました。お客様からヒアリングし、デザイナーと素材や形状を決め、工場の製造管理をするなど、お客様の要望を提案するところから製造物の管理までを「調整」していくのが私の仕事です。

もともと率先して人をまとめる性格ではなくて、「段取り」上手ではありませんでした。この仕事を通じて、よいものづくりには細やかな段取りが欠かせないということを知りました。お客様からヒアリングし、デザイナーと素材や形状を決め、工場の製造管理をするなど、お客様の要望を提案するところから製造物の管理までを「調整」していくのが私の仕事です。

一度は転職を経験

一度は転職を経験

私は新卒でSPレオに入社しました。しかし途中で、別のデザイン会社に転職したことがありました。学生時代に抱いていた、広告やポスターなど、グラフィックデザイナーへの憧れを捨てられずにいたのです。

その会社ではデザイナーとして、名刺や封筒、チラシ等の制作を担当しました。お客様の社内向けツールが主な案件でした。ただ実際に働いていく中で、もっと多くの人に見てもらえるデザインに携わりたいという考えが強くなってきました。そこで、2年間デザイナーとしてのノウハウを吸収したのちに店頭ディスプレイの仕事をするためにSPレオへに帰ってきました。そこからいまでは15年目です。

デザイナーを経験して良かったと思うのは、制作のイメージを持ちながら営業できることです。スケッチしながらお客様にヒアリングできたり、デザイナーとしての経験を生かして、打合わせの場面で素早い判断ができるのは、グラフィックデザインの会社にいたおかげだと、当時を思い出します。

「自分の見せ方」を見つけて欲しい

「自分の見せ方」を見つけて欲しい

店頭ディスプレイの制作は、変化の激しい売り場へのスピーディーな対応が求められます。毎回仕事の内容は違うので、こうしなさいというマニュアルはありません。だからこそ、一人一人が自分で考え、工夫したことを大切にする社風があります。

一般的には、見積り一枚出すにしても時間がかかってしまう会社は多いと思います。弊社では、一人一人の裁量で動くことで、スピード感を高め、仕事に対して社員が責任感を持てると考えます。

私が仕事で大切にしていることは、それぞれのメンバーが「自分をどう見せていくか」です。新しい社員を教育するときには、私の仕事のやり方を同じように教えようとは思いません。社員には、自分自身をよく知り、お客様や取引先の人々に対して「自分の見せ方」を、本人自身で見つけて欲しいからです。

私は社員自身が自分の良いところに気づき、自信をもって仕事ができるようサポートしていけたらと心がけています。

お客様に良いものを届けたい
営業
星   知宏
エスピーレオ株式会社
東京都台東区蔵前4-6-8
サニープレイスビル9F
電話でのお問い合わせ
営業時間:AM9:00-PM5:00 (平日)
メールでのお問い合わせ
お問い合わせは3営業日以内にご返答いたします。
Copyright (C) SP-LEO Co., Ltd. All rights reserved.