FIVE
Photos

5枚の写真で語るSPレオ

スタッフが選んだ5枚の写真から、それぞれの想いをインタビューするスタイルを通じて、SPレオを紹介するコンテンツです。

PC用画像
スマホ用画像

1

はじまりと今と未来
創業時と今のオフィスの2枚の写真と
メンバーと作っていく未来
Osamu Ohara
代表取締役
小原   修

FIVE
Photos

エレベーターつきのオフィスを目指して

エレベーターつきの
オフィスを目指して

右手に持っている写真は以前勤務していた会社の先輩と2人で27年前にスタートした、創業ビルの写真です。1年後には、最上階にオーナーさんが住んでいる3階建ての2階の物件に移転し、仕事も順調に進んでいくにつれて、少しずつ広い場所にする必要がでてきて、毎年同じような物件ばかり転々としました。このタイプの物件は意外と安く借りることができるのです。

今の事務所に移転する前は、5階建てのビルを一棟借りていました。ただ、そのビルはエレベーターがなかったため、2階を事務所にし、3階は知り合いのデザイン会社に貸して、現実的には4階までしか使うことができなかった。弊社は物品を扱うこともあり荷物の出し入れが多く、エレベーターがないと難しいということになり、次はエレベーターのあるオフィスにするぞ!という気持ちになりました。

とはいっても、移転した一番の理由は、弊社のお客様はナショナルクライアント様が多く、来客したお客様がトーンダウンするオフィスだと、スタッフのモチベーションが下がってしまうのではないかという懸念が強かったことでした。その頃、私の中で一番大切に思っていたのはスタッフの環境を整えることだったのです。

ビルの壁面に「SP」サインが付いている!?

ビルの壁面に
「SP」サインが付いている!?

右手に持っている写真は11年前からいる今の事務所です。浅草と浅草橋に弊社のお客様が多く、利便性の良い蔵前に決めました。当時は、ビルから隅田川の花火大会が見えることから、なるべく高層階を選び、お客様も呼んで花火大会を楽しみました。ただ入居してから2年後には、花火が見える位置に高い建物が建ってしまい、残念ながら今はもう見えません。

このビルには、ひとつ思い出話があります。入居を決めたときは工事中でビル全体がネットで覆われて全貌がわからなかったのですが、工事が終わって覆いが取れたときに、なんとビルの壁面に大きく「SP」と書かれていたのです。びっくりしました!頼んだわけでもないのに、弊社のサインが書かれている!と思いました。しかし、よく考えると、このビルの名前は「サニープレイス(SP)」だった、と我に返りました(笑)。

創業時から直請けにこだわった

創業時から
直請けにこだわった

弊社は、代理店を挟まず「お客様→弊社→工場」というシンプルな商流で進める直請けのビジネスモデルを特徴としています。

これは創業時から変わりません。当初は、誰かの紹介ではなく新規開拓をするのであれば、代理店ではなく直接お客様に営業する方針に決めました。

今みたいにWebなどがない時代ですから、とにかく売り場にいきました。売り場に行き、商品の裏を見て、電話番号などをメモし、電話でアポイントをとってディスプレイの提案をして、自分たちでお客様を開拓していきました。たとえば、製薬メーカーさん向けであれば、薬局に行って、現場の写真を撮り、ごちゃごちゃしていたりすると、「こういう什器をやったらどうですか?」とパースなどを作成して提案していきました。客先から戻ってきたら、工場に行き、詳細の仕様などを決めたりして、客先と工場を行ったりきたりする日々が続いたことを昨日のように覚えています。

デザイン出身のメンバーが多い

デザイン出身のメンバーが多い

弊社のスタッフは、デザイン系出身者が多いのも特徴です。

私自身はデザイナー出身ではなく、自動車の設計・開発をしていました。その後は、SPツールの広告代理店に転職し、ディスプレイの什器設計や客先提案に行っていました。

私は図面やパースを作成するものの、今みたいにパソコンで色をつけたデザインになると勝手が違います。当時はお客さんに納得してもらえる図面を書ければ、よしとする時代でしたので問題なかったのですが、今はもっとクリエイションが実現できることが要求されることから、今後も引き続きデザインができる人材を仲間にしたいと考えています。

いまや弊社でMacが使えないのは私だけです(笑)。弊社の営業の二人も共にデザイン系出身なので、スケッチもできますし、実際にモノがどのようにできるかもイメージできるので、お客様と打合せをしてもスピーディーにお客様の悩みを解決できるのが強みです。

個性を引き出し、伸ばすことのできるチームを作っていきたい

個性を引き出し、
伸ばすことのできるチームを作っていきたい

前社長である先輩は、創業5年後にガンで他界してしまいましたが、当初は、自由にさせていただいたことが良い思い出です。企画や仕様や見積なども一任させてもらえたこともあり、やりがいのある仕事をさせていただきました。もちろん自分の会社だという思いもあったので、自分が責任をもつ気持ちで仕事に取り組んでいました。

弊社のメンバーにも同じ思いを感じてやりがいのある仕事をしてほしいと思っています。彼らにも「自分の会社だ」という意識・イメージを持ちながら仕事をしてほしいと、節目節目で丁寧に説明してきました。弊社は「個人商店が集まった」集団です。個性的なメンバーが多いのは、個性的な人間でないとお客様と対等に話ができないので、その個性を引き伸ばせるようにしていきたいと思います。だから、僕は黒子に徹しているのです。

今の仕事を、これからもぶれずにやっていきたいので、今後はさらに個性的なクリエイティブの集団にしていきたいです。スタッフとも話すのですが、将来的には、所ジョージさんの「世田谷ベース」のような自由に活動できるオフィスにしていくのが理想です。個のチカラを前面に出せる舞台をこれからも作り上げていくことがこれからの目標です。

個性を引き出し、
伸ばすことのできるチームを作っていきたい
代表取締役
小原   修
エスピーレオ株式会社
東京都台東区蔵前4-6-8
サニープレイスビル9F
電話でのお問い合わせ
営業時間:AM9:00-PM5:00 (平日)
メールでのお問い合わせ
お問い合わせは3営業日以内にご返答いたします。
Copyright (C) SP-LEO Co., Ltd. All rights reserved.